白髪染めアレルギー

白髪染めアレルギーでもかゆみやかぶれの心配がない利尻カラーシャンプー

↓↓白髪染めアレルギー対策ここをクリック↓↓

利尻カラーシャンプー

 

私は元々若白髪があったせいか、40代になると急に白髪が増え、
毛髪の半分ぐらいが白髪になってしまいました。

 

あまりにも老けて見られるので、
ドラッグストアなどで売っている普通の白髪染めで染めました。

 

パッチテストをするように書いてありましたが、
せっかちな私はすぐに染めたのです。

 

すると2〜3日後に頭が痒くなり、上半身全体にジンマシンが出たのです。
ジアミン系薬剤による完全に白髪染めのアレルギー反応でした。皮膚科で注射をしてもらい、
飲み薬と塗り薬で2週間ぐらいで治りました。

 

それ以来、白髪染めに恐怖感すら抱いていました。

 

その後、白髪が進行して髪の毛の8割ぐらいが白髪になってしまったのです。
さすがに何かいい白髪染めはないかと探したところインターネットで見つけたのが、
サスティ利尻カラーシャンプーだったのです。

 

★白髪染めアレルギーは利尻ヘアカラー・ここをクリック★

 

無添加の天然素材だからパッチテストの必要もないと思いましたが、
私は以前のジンマシンの恐怖からパッチテストをしました。
もちろん何の反応もなかったのですが。
利尻カラーシャンプーの使用感は最高です。

 

化学薬品の鼻をつく臭いはないですし、
トリートメント成分の効果で髪や頭皮がとてもいい感触です。

 

カラーマニキュアタイプなので長持ちはしませんが、
シャンプー代わりに使用するだけで白髪が染まるのです。
従来のカラーマニキュアだとシャンプー後に髪に塗り
20分ほど経ってから洗い流すという二度手間でした。

 

白髪の頃の私を知っている友人から
「10歳は若く見える」と言われご機嫌です。

 

リンク

利尻ヘアカラーシャンプーの特徴

利尻シャンプー

白髪染めと言ったら美容院で染めてもらうか、自宅で自分で染めるかですよね。美容院だとムラなくきれいに染めてもらえますが、時間やお金がかかります。

 

一方、自宅で自分で染めるとなると白髪染めの刺激臭や頭皮や髪の毛への悪影響が気になります。さらにシャンプーした後に染める必要があり、20分ぐらい髪になじませてからまた洗い流すといった手間がかかるうえにうまく染まらないことも多々あります。

 

しかし、利尻カラーシャンプーなら、いつも通りにシャンプーするだけで同時に白髪も染めることができるのです。無添加なので髪や頭皮にも優しいのです。

 

しかも利尻昆布シリーズには、髪や頭皮に潤いを与えて健やかにしてくれる天然利尻昆布エキスのミネラル、優れた保湿力のアルギン酸、高い保水力でみずみずしさを与えてくれるフコイダンなど、美しく健康的な髪を維持するのに必要な成分を豊富に含んでいます。

 

さらに、キメの細かい泡の利尻昆布カラーシャンプーなら、泡が髪になじみやすく根元からムラなく染めてくれます。

 

ドラッグストアなどで販売されている多くの白髪染めは、鼻を衝く刺激臭で気分が悪くなる経験をした人も多いと思います。しかし、利尻カラーシャンプーは無添加なので、刺激臭などありません。

 

色はライトブラウン・ダークブラウン・ブラックの3色があり、価格は1本200mlで税込3780円です。シャンプーだけで考えると割高に感じるでしょう。しかし、シャンプー+白髪染めの効果があるので、美容院での毛染めや市販の毛染めと比べると手間や金額の面でも、はるかにお得なのです。

 

↓↓白髪染めアレルギー対策ここをクリック↓↓

利尻カラーシャンプー

白髪染めの種類

白髪染めを行おうと思って、どのタイプの商品を選ぶか迷うところです。どのタイプの白髪染めが自分に合っているかを知っておくと便利です。白髪染めの種類は、基本的には3つのタイプに分類されます。「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」それから「一時染め」です。また「ヘアカラー」は、泡タイプとクリームタイプの商品があります。

 

ヘアカラー

今、市場で白髪染めの主流となっているのは、「ヘアカラー」です。「ヘアカラー」の効果は、髪の毛の組織であるメラニン色素を分解して、カラーの染料を髪の内部に浸透させ、定着させることで白髪を染める仕組みになっています。

 

ヘアカラーは髪の内側からしっかりと色を染めるので、即効的に髪を染めることができ、最も長持ちする白髪染めと言えるでしょう。美容院などで行っているカラーリングなどは一般的にこのヘアカラーを使用しています。ドラッグストアで販売している商品も多くがヘアカラーを採用しています。テレビコマーシャルでもおなじみのビゲンやホーユーなどの白髪染めも主力はヘアカラーとなっています。

 

ただし、このヘアカラーは毛髪や頭皮に対して大きな負担がかかり、頻繁にに染めると髪の毛のパサつきやきしみ、痛みの原因となってしまいます。またお肌の弱い方は炎症を起こしたり、ジアミン系薬剤などの化学成分によるアレルギー反応が出てしまうこともあるので、使用前には、二の腕などに少量塗ってアレルギー反応の検査をするパッチテストが必要です。

 

 

ヘアマニキュア

「ヘアマニキュア」は、「ヘアカラー」特有の髪へのダメージや頭皮への刺激、あるいはアレルギー反応でヘアカラーは使用できない人に今人気の白髪染めの商品です。

 

ヘアカラーは髪の色そのものを内側から変えるのに対し、「ヘアマニキュア」は髪の表面だけを染める仕組みとなっているのが特徴です。髪の色の元となるメラニン色素を分解しないので大きな負担となることもなく、髪の毛が傷みにくく、仕上げがツルツルとした質感になるといったメリットがあります。

 

欠点としては、色素を髪表面にコーティングするだけなので、「ヘアカラー」と比較すると耐久性は劣り、色落ちも早いです。色の仕上がりや長持ちよりも髪への負担が軽いほうが大切という人にとっては、ヘアマニキュアで白髪を染めるのがベターだと思います。

 

 

一時染め

「一時染め」に関しては、ヘアカラーやヘアマニキュアのように白髪染め効果がある程度の期間持続されるものではなく、外出する際や来客時の応急処置や生え際のリタッチとして利用されることが多い染め方になります。

 

美容室や自宅でヘアカラーで染めてから日数が経ち、髪の根本の数ミリから数センチほど伸びてきた分だけを染めたりする際に一時染めは使われることが多く、スプレータイプやスティックタイプなどいろいろな種類がドラッグストアやコンビニなどで販売されています。手軽に白髪を隠すだけなら便利な方法だと言えるでしょう。

 

ただし、一時染めは名前通りの一時的な白髪染めです。白髪染めるというよりは髪に色を塗るというイメージなので、シャンプーなどで洗うと色はすぐに落ちてしまいます。また、粗悪な商品だと衣服に色がつくこともあるので注意が必要です。

白髪染めアレルギーの正体

ジアミン系薬剤の入った白髪染めが原因でアレルギー反応が現れる症状をジアミンアレルギーと呼びます。

 

白髪染めアレルギーのジアミンアレルギーは、白髪染めに使用されているパラフェニレンジアミンと呼ばれる物質によって表れるアレルギー症状のことです。

 

頭皮の腫れ、かゆみ、かぶれ、じんましん、湿疹などの症状がみられることが多いです。ドラッグストアなどで販売されている市販の白髪染めなどで白髪を染めるとヒリヒリとするよう感覚が頭皮に感じる時がありますが、これは軽度のアレルギー反応なのです。

 

稀にジアミン系薬剤を成分とする白髪染めで何回も染毛を繰り返していると、ある時で突然、アナフィラキシーショックと呼ばれる強いアレルギー反応が現れるケースがあります。アナフィラキシーショックの症状は呼吸困難や意識障害といった非常に危険な状態になることもあります。海外では、最悪のケースだと命を落とした事例もあります。

 

特に幼い子供がいる家庭では、ジアミン系の白髪染めの管理に細心の注意が必要です。乳幼児は薬剤への耐性がないため、間違ってジアミン系のカラー剤を口にしてしまった場合、メトヘモグロビン血症とよばれる症状が引き起こされ、酸素が体の隅々に供給されなくなってしまうことがあります。

 

このような危険性を有しているジアミン系の白髪染めですが、市販されている多くの白髪染めにジアミンが使用されているのが現状です。人によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、白髪染めの前には毎回、使用説明書に書いてあるパッチテストでアレルギー反応のチェックをする必要があります。

 

たとえ以前、アレルギー反応がなかったとしても、体質や体調の変化で、突然アレルギー反応が起こるケースもあるので、面倒でも毎回、白髪染めの前のパッチテストは必要です。

白髪染めによるジアミンアレルギー体験談

「使い慣れた2種類ある液を混合して浴室で白髪を染めていたら、突然ズキズキとする燃えるような痛みを頭皮に感じました。すぐに使用中止しましたが、鏡を見たら頭皮が真っ赤になっていました。病院で診察を受けたところ、ジアミンアレルギーと診断されました。」

 

「使い始めて3が月ぐらいは何の問題もなかったのですが、4が月後ぐらいの白髪染めが終わり、1時間ほど経過すると頭が痛くなり、最悪の気分になってしまいました。翌朝目覚めると頭皮に火傷のような痛みを感じたので、指で触ってみると、数カ所大きな湿疹が出来ていました。この症状は1週間ほど続きました。」

 

「10年間使い続けても何の問題もなかったのに突然アレルギー反応が現れました。その時の白髪毛染めでは、頭皮に溶剤がついた瞬間からピリっとした痛みの感覚があり、終始ジンジンと頭皮に痛みを感じました。毛染めが終わりしばらくすると、今度は顔(とくに額とこめかみ、頬のあたり)が赤くむくみ、皮が剥けてきたので、怖くなって病院へ行ったところ、白髪染めアレルギーと診断されました。

 

ノンジアミンの白髪染めはどうやって見分ける?

ジアミンアレルギーの危険性が分かっても、白髪染めをやめるというのは...なかなか難しいですよね。そこで、ジアミン系薬剤を使用していない白髪染めを使用するという方法があります。

 

しかし、一般に販売されている数多くの白髪染めの中から、どうやってジアミン系薬剤を使用していない白髪染めを見分けたらいいのでしょう。

 

ノンジアミンの白髪染めを見分ける方法は、配合成分のチェックです。「○○ジアミン」と記載されている商品は、ノンジアミンのカラー剤とはいえません。

 

ヘナ白髪染めや、無添加カラー剤などが主なノンジアミンの白髪染めですが、これらの製品を使用する場合でも、油断して使用するわけにはいきません。必ず、使用前にパッチテストを行い、肌に異常な反応がないかチェックしましょう。