白髪が増える原因

白髪のメカニズム

特別な病気や薬品による白髪以外では、人が加齢によって自然に白髪が増え始めるのは40歳前後からと言われています。白髪は老化現象の一種と言えますが、医学的にはその原因や対処法は解明されていないのが現状です。

 

白髪とは、年齢と共に色素細胞の能力が低下し、毛髪の色素が無くなってしまった状態のことです。

 

頭皮には毛乳頭があり、そこには毛細血管や神経があります。毛乳頭の周囲には、毛母細胞があります。毛母細胞の間には、髪の色の基本となるメラニン色素を生成するメラノサイト(色素形成細胞)があり、そこでメラニン色素を生成、コルテックスに行き渡り、髪の色となっているのです。加齢や病気などの原因で、メラノサイトが減少すると同時にメラニン色素も減少します。その結果、髪の色素が減少してきて、白髪に変わるといった仕組みです。

 

白髪になるパターン

■毛髪が生え変わった時に白髪に変わる
老化現象などで衰えたメラノサイトが、毛髪が生え変わる時に毛母細胞からなくなってしまいます。

 

■成長期の途中で少しずつ白髪に変わる
老化などによりメラノサイトの能力が低下し、少しづつに毛髪の色素が減少します。

 

■突然白髪に変わる
病気などが原因でメラノサイトが突然に活動を停止した場合、一気に白髪になってしまいます。小説や映画などで、恐怖のあまり一夜にして頭が真っ白に足るといった現象もこのパターンです。

 

白髪になる原因

■遺伝
医学的には未解明の部分が多いのですが、遺伝的な原因で白髪になることがあります。遺伝的な要素が白髪になりやすい、なりにくいなどの影響をもたらすと考えられます。

 

■病気
甲状腺異常やマラリア、胃腸疾患、貧血症などの病気が原因で、白髪が増加することがあります。また、白斑などができると、その部分が白髪に変化することもあります。

 

■栄養不足
ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質が不足し、内臓の働きが不十分で血流量の減少により、栄養不足から白髪になることがあります。

 

■ストレス、精神的なもの
辛い思いをすると白髪が増える、という話をよく聞かれると思います。ストレスが毛髪に与える影響はとても深く、身体的ストレスによって毛細血管が収縮してし、毛母細胞の働きが低下する原因になります。ただし、「一晩にして真っ白になる」というのは大げさで、黒い髪は、一夜にしてすべて白髪に変わることはありません。

 

白髪対策を考えるのなら、まず上記の原因を解決することがポイントになります。みっともないからといって、白髪を抜くのは間違いです。抜いた後に黒い髪が生えてくる補償がないうえ、抜いた毛穴が炎症を起こす可能性があるので、無闇に白髪を抜かないようにしましょう。

 

★利尻カラーシャンプーで美しく安全に白髪染め★

関連ページ

遺伝による白髪
ハゲが遺伝すると言われているように白髪も遺伝がその原因として考えられます。高齢者の場合は、多くの人が白髪になるので、遺伝とはあまり関係がないかもしれません。
加齢が原因の白髪
白髪と言えば高齢者と言ったイメージどおりで、加齢が原因の白髪が一番多いのです。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
生活習慣が原因の白髪
生活習慣が乱れてくることが原因の白髪もあります。
栄養不足による白髪
髪の毛の栄養が足らないと白髪が増える原因になります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。
老け顔に見える白髪
白髪と言えば加齢のイメージが大きく老けて見えてしまいます。