栄養不足が原因の白髪

栄養バランスが崩れることで白髪が増える

ダイエット、偏食、妊娠などによる栄養不足が原因で白髪が増えることがあります。毛髪の役割は頭部を守るためですが、絶対的に必要というわけではありません。わたしたちの体は本能的に生命維持のためにより重要な器官を優先するように働きます。生きていくためにより重要度の高い内臓、筋肉、骨などに優先的に栄養素が補充されます。毛髪は頭を守る役割がるとはいえ、生命維持に直接かかわっているわけではないので、内臓や筋肉に比べると優先順位は低くなり、毛髪への栄養補給は後回しにされてしまいます。これが白髪になる原因です。

 

栄養バランスが悪い食生活、食事制限による無理なダイエットは毛髪に必要な栄養素も不足させ、白髪だけでなく切れ毛、枝毛、抜け毛、脱毛など毛髪に関する様々なトラブルの原因にもなります。バランスの良い食事習慣は体だけでなく髪にも大切なのです。

 

また栄養素は血液を媒体として毛髪に送られますので、高コレステロールの食事は要注意です。どろどろの血液では栄養素をスムーズに送ることができなくなるので、血液をサラサラにするような食事を心掛けましょう。

 

また妊娠中に急激に白髪が目立ってくる方もいらっしゃいます。主な原因は妊娠中のホルモンバランスの変化ですが、それ以外にもメラニン色素の活性化に必要なカルシウムと鉄分不足の影響も大きいのです。妊娠中は胎児に栄養が集中してしまうので、妊婦さんのカルシウムや鉄分が不足してしまうのです。

 

また出産後も授乳が必要で栄養不足が続く事も多いので、しばらくの間は黒髪に戻らない方もいらっしゃいます。しかし妊娠、出産後しばらくしてホルモンバランスや栄養不足が解消されれば、徐々に黒髪に戻ってくるので悩んでいる方は髪に必要な栄養素を意識して摂る様に心がけましょう。

 

★白髪染め★

関連ページ

白髪の原因
若白髪や加齢による白髪など、いろいろな白髪がありますが、その原因はいったい何なのでしょうか。
遺伝による白髪
ハゲが遺伝すると言われているように白髪も遺伝がその原因として考えられます。高齢者の場合は、多くの人が白髪になるので、遺伝とはあまり関係がないかもしれません。
加齢が原因の白髪
白髪と言えば高齢者と言ったイメージどおりで、加齢が原因の白髪が一番多いのです。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
生活習慣が原因の白髪
生活習慣が乱れてくることが原因の白髪もあります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。
老け顔に見える白髪
白髪と言えば加齢のイメージが大きく老けて見えてしまいます。