遺伝と白髪の関係

白髪の原因は遺伝かも?

白髪に関する研究はあまり進んでいませんが、その原因の一つに遺伝が上げられています。特に遺伝の影響が大きいとされているのが、若白髪です。20代頃までに発生する白髪を特に若白髪と呼び、他の一般的な白髪と区別されています。「常染色体優性遺伝」と呼ばれる遺伝が、両親から受け継がれると、その遺伝子の影響で若白髪になる確率がアップするのです。またその発生率は、男女によっては特に差がないとされています。

 

人間には22対の常染色体と1対の性染色体を保有し、合計で46本の染色体によって遺伝が構成されています。若白髪に関する遺伝は、常染色体の駅用による優性遺伝のため男女差がないのです。

 

遺伝には、優性遺伝と劣性遺伝があります。これは遺伝の優劣を表すものではなく、優性遺伝は次世代へ引き継がれやすい遺伝、劣性遺伝は引き継がれにくい遺伝を表しているのです。優性遺伝に属する若白髪は、親から子供、あるいは祖父母など、次世代へ引き継がれやすい遺伝となります。

 

しかし、医学的に若白髪の遺伝について明確に立証されているわけではなく、その原因ははっきりしていません。色素細胞(メラノサイト)によって髪の色のとなるメラニン色素が作られているのですが、この関係が遺伝によるものとされていますが、まだ研究段階です。

 

そのため若白髪の予防や改善に関しては、ほとんど手がないのが現状です。対策としては、白髪染めで染めるしかないようです。白髪が増えてくるとその悩みによってストレスとなり、さらに白髪が増えてくるといった悪循環に陥るので、くよくよ悩まずさっさと染めたほうがいいかもしれません。

 

白髪染めには、化学薬品によって髪の芯から染めるタイプやヘアマニキュアなどの髪の表面に色を付けるタイプなどいろいろなタイプがありますが、薬品を使っているため、人によってはアレルギー反応を起こすことがあります。白髪染めを使用する前に、取扱い説明書をよく読んで、パッチテストなどを行いましょう。

 

★利尻カラーシャンプーで美しく安全に白髪染め★

関連ページ

白髪の原因
若白髪や加齢による白髪など、いろいろな白髪がありますが、その原因はいったい何なのでしょうか。
加齢が原因の白髪
白髪と言えば高齢者と言ったイメージどおりで、加齢が原因の白髪が一番多いのです。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
生活習慣が原因の白髪
生活習慣が乱れてくることが原因の白髪もあります。
栄養不足による白髪
髪の毛の栄養が足らないと白髪が増える原因になります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。
老け顔に見える白髪
白髪と言えば加齢のイメージが大きく老けて見えてしまいます。