白髪と加齢の関係

高齢者に多い白髪

なんと言っても白髪になってしまう最も多い原因は加齢です。年齢を重ねて白髪になってしまうのは、もはやなす術のない現実かもしれません。毛髪の50%が白髪になるのは55歳頃といわれています。それは高齢者ほど色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きが低下することが原因です。

 

さらにチロシナーゼという酸化酵素の作用によってメラニン色素が作られているのですが、チロシナーゼの働きは40歳前後から低下してくることがわかっています。チロシナーゼが減少してしまうとメラニン色素が作られなくなり、髪の色素が抜けた状態になるのです。

 

逆にお肌を白くするための美白化粧品はチロシナーゼ抑制の作用があり美白効果をもたらせているのです。つまりメラニン色素の生成を抑えることで、肌を白くする働きがあるのです。

 

2011年2月に東京医科歯科大学の西村教授と北海道大学、金沢大学の研究チームによる研究成果の発表によると、特定コラーゲンの不足によって白髪や脱毛の原因になっていることが分かってきました。

 

この研究によると毛根にある「17型コラーゲン」が不足する事で白髪や脱毛の減少が現れるのだそうです。さらに毛根にある毛包幹細胞が「17型コラーゲン」を自らを維持するために生成していて、食材などからは補うことができないのです。コラーゲンは肌のハリ、つやにも必要でうすが、二十歳をピークに徐々に減少していきます。

 

おそらく加齢によって毛包幹細胞が衰えることで「17型コラーゲン」の生成が減少してくるのだと考えられます。しかし、この「17型コラーゲン」の生成を活発にする物質が白髪の改善薬に有効である可能性があるとの研究結果もあり、改善薬の研究が成功すれば老人になっても黒髪のままでいられる可能性が出てくるかもしれません。

 

利尻カラーシャンプー

関連ページ

白髪の原因
若白髪や加齢による白髪など、いろいろな白髪がありますが、その原因はいったい何なのでしょうか。
遺伝による白髪
ハゲが遺伝すると言われているように白髪も遺伝がその原因として考えられます。高齢者の場合は、多くの人が白髪になるので、遺伝とはあまり関係がないかもしれません。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
生活習慣が原因の白髪
生活習慣が乱れてくることが原因の白髪もあります。
栄養不足による白髪
髪の毛の栄養が足らないと白髪が増える原因になります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。
老け顔に見える白髪
白髪と言えば加齢のイメージが大きく老けて見えてしまいます。