白髪で老けて見える

白髪のイメージ

誰もがいつまでも若々しくありたいものです。化粧ををしたり、ファッションセンスを磨くることで気分も若々しくなります。しかし、努力してそこまで自分を理想に近づけても、手入れの行き届いていない白髪混じりの頭髪だとせっかくの苦労も報われません。

 

遠目だとはっきし分からないくらいの少数の白髪でも近くで見ると結構目立つもの。「ファッションには気を使っているけど意外に年取っているのね」なんて思われるかもしれません。白髪の生える年齢や量は個人差がありますが、一般的に30代半ばぐらいから気になりだす方が多いようです。

 

しかし40代になっても全然白髪が生えていない人もいます。「白髪」=「加齢」という印象が強いので、それを考えると同世代の人よりも白髪の量が多いと見た目で老け顔になります。つまり、実年齢よりも年取って見られがちです。気持ち的、体力的には若くても、見た目で高齢者扱いされます。

 

なかには、自分は白髪を改善することを断念して、老け顔のキャラクターですごしている人もいるでしょう。白髪が原因でオシャレを諦めてしまって、華やかさから遠ざかれば、気持ちまで老け込んでしまい地味な老け顔になってしまいます。

 

また自分は昔から童顔だといわれているからと安心している人もいるようですが、童顔の方も加齢による髪の老化は、どんどん進行しています。

 

白髪を放置しておいても健康上の問題はありませんが、まだ白髪が問題になるような年齢でもない年齢で白髪が目立ってくると周囲は意外と気になるものなのです。そして、何より年齢問わず、髪にまで気を遣う事が自分を磨いた証。それが若々しさを維持してくれるのです。

関連ページ

白髪の原因
若白髪や加齢による白髪など、いろいろな白髪がありますが、その原因はいったい何なのでしょうか。
遺伝による白髪
ハゲが遺伝すると言われているように白髪も遺伝がその原因として考えられます。高齢者の場合は、多くの人が白髪になるので、遺伝とはあまり関係がないかもしれません。
加齢が原因の白髪
白髪と言えば高齢者と言ったイメージどおりで、加齢が原因の白髪が一番多いのです。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
生活習慣が原因の白髪
生活習慣が乱れてくることが原因の白髪もあります。
栄養不足による白髪
髪の毛の栄養が足らないと白髪が増える原因になります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。