生活習慣による白髪

規則正しい生活が毛髪には必要

生活習慣の乱れを改善したいと考えていても、時間や環境の関係でなかなかうまくいかない人も多いと思います。睡眠不足、運動不足、喫煙など健康に良くないと思いつつも改善できないのは多くの方の悩みかもしれません。社会人になり忙しい毎日を送っていると、健康のことはついつい後回しになってしまいます。

 

しかし、それらが白髪の原因に関与していると認識すれば、少しは危機感を感じて、真剣に取り組もうと心を入れ替えるかもしれません。

 

まず不規則な生活と睡眠不足が白髪になってしまうことに大きな影響を与えています。髪が最も発育するのは夜の10時〜深夜2時ごろといわれています。ホルモンの分泌が、この時間帯に最も活発になるからです。ホルモン分泌が活発になると新陳代謝も促進されます。

 

このホルモンは睡眠時に分泌されるものなので、睡眠不足が続くとはホルモン分泌の妨げになります。新陳代謝の促進は頭皮の健康にも重要なので、白髪だけでなく薄毛の原因にもなるので気を付けましょう。

 

また、運動不足も白髪の大きな原因の一つだと言われています。怠惰な生活を続けていると全身の血液の循環が悪くなり、体の末端である頭髪まで栄養素が十分に行き渡りません。また同様の理由で喫煙も白髪の原因です。タバコのニコチンは血管を収縮させ血流を悪くするのです。もちろん周知のとおり、タバコは生活習慣病の大きな原因となっているので、白髪だけでなく健康面からも禁煙することをお勧めします。

 

タバコに次いで多量の飲酒も毛髪に悪影響を及ぼします。深酒することが多くなると肝臓に負担がかかり毛髪の栄養であるタンパク質の生成が悪くなります。深酒と夜更かしはセットのような習慣なので、二重の要因にもなります。しかし適量のお酒は血流循環を活性化するので、飲みすぎない程度の飲酒を心がけましょう。

 

利尻カラーシャンプー

関連ページ

白髪の原因
若白髪や加齢による白髪など、いろいろな白髪がありますが、その原因はいったい何なのでしょうか。
遺伝による白髪
ハゲが遺伝すると言われているように白髪も遺伝がその原因として考えられます。高齢者の場合は、多くの人が白髪になるので、遺伝とはあまり関係がないかもしれません。
加齢が原因の白髪
白髪と言えば高齢者と言ったイメージどおりで、加齢が原因の白髪が一番多いのです。
病気が原因の白髪
何らかの病気により白髪になってしまうことがあります。
栄養不足による白髪
髪の毛の栄養が足らないと白髪が増える原因になります。
白髪とストレスの関係
ストレスが原因で白髪が増えることもあります。仕事や育児、生活の疲れなどのストレスによって急に白髪が増えたという話は良く聞きます。
白髪を抜くことの影響
白髪を見つけるとつい抜いてしまう人がいるようですが、白髪を抜いても問題はないのでしょうか?
若白髪の原因や対策
若いうちから白髪が多くなってくると老けて見られるので困ります。若白髪の原因と対策について。
老け顔に見える白髪
白髪と言えば加齢のイメージが大きく老けて見えてしまいます。