アレルギー反応のメカニズム

アレルギー反応はなぜ発症するのか

アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)が原因でアレルギー反応は、発症します。このようなアレルゲンに接触すると、身体は外部からの侵入者を認識します。

 

血液中のIgE抗体と侵入してきたアレルゲンが結合し、ヒスタミンなど炎症性物質が脂肪細胞から放出されます。このような炎症性物質は身体が有害と認識した外敵を攻撃するため、全身に短時間で行き渡ります。ヒスタミンによって体に炎症が起こるのです。

 

ヒスタミンが放出される個所によってさまざまな症状が現れます。眼の痒み、涙眼、鼻水、息切れ、肌の乾燥など肥満細胞が各所で反応している現象です。

 

最初のうちは。アレルギー反応は気になるほどではないです。アレルギー反応が気になる症状となるまでには数年を要することがほとんどです。しかし、場合によっては、より強烈で健康全体に脅威となるアレルギー反応を起こす場合もあります。また中には、食物、薬剤または蜂などの虫刺されが突如、生命の危機をもたらすアナフィラキシー・ショックに発展するケースもあります。

 

IgE(免疫グロブリンE)は、タンパク質の1種で抗体と呼ばれています。アレルギー反応に関して IgEは、重要な存在であるため、「アレルギー抗体」とも呼ばれています。

 

特定の物質(アレルゲン)に対してアレルギーとなる場合、通常は無害な花粉などを免疫系によって身体に有害なものと認識されるのです。

 

こうした特定物質に接触すると、体を守るために免疫系によって、IgEが産生されるのです。こうして生産されたIgE抗体は、時に体内に残り、次に同じアレルゲン性物質に遭遇すると、アレルギー反応を起こすことがあります。

 

結果として、アレルギーを持つ人では血中IgE濃度が高くなっています。IgE は、各アレルゲンに特化しています。つまりネコに対する IgEが引き起こすのは、ネコに対するアレルギー反応のみです。

 

体内のIgE量を特定するために血液検査が行われます。 いろいろな物質に対するIgE値を調べることで、個人の症状の原因となるアレルギー誘因の物質 すなわち、アレルギーがあるとすれば、アレルギー反応を誘発する物質を特定することができます。

 

定量的IgE検査の結果を基に、各物質の影響力の順位付けもできます。一般的には、IgE抗体価が高いほど、症状が現れる可能性も高まると言われています。現時点では影響が見られない物質でも、低レベルのアレルゲンが検知されれば、将来の症状の発現の可能性があるわけです。

 

肥満細胞は、免疫系の大切な細胞で、体全体に存在しています。肥満細胞には、ヒスタミンなど複数の化学伝達物質が含まれ、ヒスタミンによって炎症が発生するのです。アレルギー反応は、外敵から体を守る為ヒスタミンが炎症反応を刺激することにより粘膜が膨らむよう、血管を拡張させアレルギー反応の症状となるのです。

 

白髪染めによるかゆみやただれ、じんましんなどの症状は、白髪染めに配合されているジアミン系薬剤がアレルゲンとなって発症するのです。

 

★利尻カラーシャンプー★

関連ページ

アレルギーが原因かも?
ハッキリ原因が分からない皮膚のかゆみや赤み、ぜんそくなどアレルギーにはいろいろな症状があります。
アレルギーの共通症状
白髪染めアレルギーをはじめいろいろなアレルギーがりますが、症状の共通点について見てみましょう。
アレルギー検査が必要な理由
アレルギー検査は短期間で簡単にできます。なんらかの以上を感じる時は、アレルギー検査を受けることを考えましょう。
室内で注意すべきアレルゲン
きれいに掃除しているつもりでも室内には多くのアレルゲンがあります。