アレルギー発生の共通症状

多くのアレルギーにみられる共通点

白髪染めアレルギーほどのはっきりした症状が現れていなくても、誰もがちょっとだけ気になっているような日々の当り前の症状の原因が、実はアレルギーであることも考えられます。喘息発作のような重大な問題を引き起こす症状の可能性もある潜在的なアレルギー誘因もあります。ここでは、アレルギーの徴候であることが多い典型的な症状について見ていきます。

 

アレルギーは症状によって、複雑さ、重症度、徴候が変化します。アトピー性のアレルギーの場合、アレルゲン暴露の影響が即効で発症することもあります。症状は、湿疹、鼻炎、目の痒みから、結膜炎、気管支収縮、嘔吐、下痢まで様々で、強さもいろいろで、最悪の場合、アナフィラキシーの危険性もあります。

 

慢性の反応性に関しては、湿疹などの皮膚の反応、あるいは喘息発作のような反応はアレルギーによって発症する場合があります。例えば、進行中の肺組織の炎症は、原因となるアレルゲンに暴露した後の症状の喘息発作の原因である可能性が考えられます。喘息発作は、IgE抗体による反応以外の要因によって発生するケースもあります。

 

また、一口にアレルギーと言ってもその徴候は様々です。アトピー性疾患の症状は、問題となるアレルゲンの他、対象者の年齢によって大きく異なります。乳児期には、卵や牛乳などの食物に関するアレルギーが最も多く見られます。3歳を過ぎると、多くのアレルギー児がこのような食物に対するアレルギー反応が消える一方、吸入性の抗原に対するアレルギー反応が顕著になってきます。特異的 IgE 抗体は、アレルギー症状が発祥することが多く、臨床症状が現れます。

 

★白髪染めアレルギーでも安心な利尻カラーシャンプー★

関連ページ

アレルギーが原因かも?
ハッキリ原因が分からない皮膚のかゆみや赤み、ぜんそくなどアレルギーにはいろいろな症状があります。
アレルギー反応の仕組み
アレルギーはどのような仕組みで発症するのか?
アレルギー検査が必要な理由
アレルギー検査は短期間で簡単にできます。なんらかの以上を感じる時は、アレルギー検査を受けることを考えましょう。
室内で注意すべきアレルゲン
きれいに掃除しているつもりでも室内には多くのアレルゲンがあります。