自然な白髪染め

白髪用シャンプーの効果

私は、40歳を超えてから白髪が目立ってきたので、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料で、使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、毛髪を永久的に染める染毛剤(カラー剤)を使って白髪を染めていました。

 

このジアミン系の酸化染料は、体質により皮膚アレルギー反応(カブレ)を起こす人もいるようですが、幸い私はアレルギー反応はなかったので、ずっと使い続けていました。しかし、この白髪染めの強烈なにおいでもわかるように長く使い続けていると髪の毛を痛めてしまい、つやがなくぱさぱさの髪質になってしまうのです。そこでできるだけ使用頻度を抑えて髪の健康に気を使っていたのですが、2か月に一回程度の割合で染めていると、毛髪の根元無し六目立つことがあり、困っていました。

 

そこで白髪染めをジアミン系の酸化染料からヘアマニキュアに変えました。おかげで髪の毛の痛みはほとんど気にならなくなったのですが、ヘアマニキュアは、すぐ色落ちするので、シャンプーするとすぐにヘアマニキュアをする必要があり、とても面倒くさいのです。

 

そんな時出会ったのが白髪用シャンプーの利尻カラーシャンプーでした。利尻カラーシャンプーは、シャンプー自体に白髪染めの働きがあるので、染める力は弱いですが、毎回シャンプーするたびに白髪が染まるので、自然な感じで染まってくれるのです。しかも髪を美しく健康に保つ天然素材の利尻昆布の栄養素が含まれているので、ジアミン系の酸化染料のように染めるたびに毛髪を傷めるのではなく、毛髪を健康にしてくれるので、とても重宝しています。もちろん化学薬品系の白髪染めのような不快なにおいもないので、白髪染めの最中に気分が悪くなることもないのです。

 

↓↓利尻カラーシャンプー・ここをクリック↓↓

利尻カラーシャンプー

関連ページ

毎日のシャンプーは利尻カラーシャンプーです
白髪染めアレルギーでお困りなら利尻カラーシャンプーをお勧めします。
30代若白髪を利尻カラーシャンプーで白髪染め
大学生のころから若白髪が目立ち始め、30代のころにはすっかり頭が白くなってしまいました。利尻カラーシャンプーで自然に白髪染めができました。
無添加の白髪染め
利尻カラーシャンプーのプラスポイント、マイナスポイント
利尻カラーシャンプーと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)
白髪染めの前には皮膚アレルギーの有無を調べる皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。
利尻カラーシャンプーとヘナ
白髪染めアレルギーがあったので、最初はヘナで染めましたが、後にもっと便利な利尻カラーシャンプーに変えました。
利尻カラーシャンプーで簡単白髪染め
ジアミン系薬剤の酸化染料による白髪染めアレルギーで悩んでいた温泉旅館の女将の話。
白髪染めによる皮膚アレルギー反応
白髪染めによる皮膚アレルギー反応の心配がない利尻カラーシャンプーで美しい黒髪が復活。
利尻カラーシャンプーが泡立たない時の対処法
利尻カラーシャンプーの利用者の感想として泡立ちが悪いと言うのがあります。どのように対応すればいいのでしょうか。
白髪染めアレルギーで白髪改善
若白髪が多くて悩んでいましたが、白髪染めアレルギーなので諦めていましたが、利尻カラーシャンプーのおかげで助かりました。
老人と利尻カラーシャンプー
老人でも白髪を染めておしゃれしたい人は沢山います。そんな人には手軽で簡単な利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーとリンスについて
利尻カラーシャンプーで白髪を染めた後のリンスはどうすればいいのでしょうか?