利尻カラーシャンプーとパッチテスト

白髪染めの前に必要な皮膚アレルギー試験(パッチテスト)

白髪染めで心配な皮膚アレルギーは、主にジアミン系薬剤によるアレルギー反応ですが、利尻カラーシャンプーは、ジアミン系薬剤などの化学成分を一切使用していないので、アレルギー反応の可能性は極めて低いのですが、体質により万が一のことを考えると利尻カラーシャンプーの場合でも使用前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は行ったほうがいいでしょう。

 

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の方法
パッチテストは、白髪染めの48時間前に行います。以下の手順で毎回必ずパッチテストを実行します。パッチテストは染毛剤に対するかぶれやかゆみなどのアレルギー体質であるかどうかを検査するテストです。これまで何回も問題なく白髪染めを繰り返していた人でも、急にアレルギー体質になる場合もありますので、毎回必ず実施しましょう。

 

■用意するもの
・白髪染めに使用するヘアカラーや利尻カラーシャンプー、ヘアマニキュアなど
・綿棒
・コットン
・第1剤と第2剤を混合する小皿
(染毛剤によっては、専用の容器があります。)

 

それぞれの白髪染めの説明書どうりに染毛剤を用意します。第1剤と第2剤を混合するタイプのものは、説明書に従って新しい綿棒で混ぜ合わせテスト液を混合しておきます。利尻カラーシャンプーは、シャンプーだけなので混合の必要はありません。

 

■皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の方法
綿棒にテスト液を浸み込ませ、腕の内側に10円硬貨大にうすく塗って自然乾燥させます。テスト液が乾燥するまで衣服に付着しないように気を付けましょう。30分くらい放置しても乾燥しない場合は付けた液が多すぎるので、余分な液をコットンやティッシュペーパーでこすらないように軽く吸い込ませます。

 

そのまま触れずに48時間放置します。もちろん入浴なども禁止です。テスト部分はテスト液塗布後30分くらいと48時間後の2回、状態を観察します。
テスト部分にアレルギー反応の特徴であるかゆみ、発疹、発赤、水疱、刺激など皮膚に違和感を感じた場合には、手などでこすらないで、すぐに洗い落とします。残念ながらその染毛剤は体質に合わないので白髪染めには使えません。

 

48時間経過しても何の問題も生じなかったら、パッチテストに使用したヘアカラーや利尻カラーシャンプー、ヘアマニキュアなどで白髪染めをすることが可能です。

 

白髪染めアレルギー体質でも安心安全【利尻カラーシャンプー】

関連ページ

毎日のシャンプーは利尻カラーシャンプーです
白髪染めアレルギーでお困りなら利尻カラーシャンプーをお勧めします。
30代若白髪を利尻カラーシャンプーで白髪染め
大学生のころから若白髪が目立ち始め、30代のころにはすっかり頭が白くなってしまいました。利尻カラーシャンプーで自然に白髪染めができました。
無添加の白髪染め
利尻カラーシャンプーのプラスポイント、マイナスポイント
手軽で自然な白髪染めなら利尻カラーシャンプー
ずっと白髪を染め続けるのなら毛髪を傷めない利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーとヘナ
白髪染めアレルギーがあったので、最初はヘナで染めましたが、後にもっと便利な利尻カラーシャンプーに変えました。
利尻カラーシャンプーで簡単白髪染め
ジアミン系薬剤の酸化染料による白髪染めアレルギーで悩んでいた温泉旅館の女将の話。
白髪染めによる皮膚アレルギー反応
白髪染めによる皮膚アレルギー反応の心配がない利尻カラーシャンプーで美しい黒髪が復活。
利尻カラーシャンプーが泡立たない時の対処法
利尻カラーシャンプーの利用者の感想として泡立ちが悪いと言うのがあります。どのように対応すればいいのでしょうか。
白髪染めアレルギーで白髪改善
若白髪が多くて悩んでいましたが、白髪染めアレルギーなので諦めていましたが、利尻カラーシャンプーのおかげで助かりました。
老人と利尻カラーシャンプー
老人でも白髪を染めておしゃれしたい人は沢山います。そんな人には手軽で簡単な利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーとリンスについて
利尻カラーシャンプーで白髪を染めた後のリンスはどうすればいいのでしょうか?