白髪染めが原因の皮膚アレルギー

白髪染めの化学成分で皮膚アレルギー反応

白髪染めによる皮膚アレルギー反応に悩まされている人の中には、女性・男性ともに敏感肌の人も多くいます。敏感肌とは白髪染めの化学成分など、ちょっとしたきっかけで白髪染めによる皮膚アレルギー反応を起こしてしまう肌のことを言います。敏感肌なのか白髪染めアレルギーなのかの区別はつきにくいといわれていますので、心配な人は皮膚科で診察を受けてみることをお勧めします。

 

最近では白髪染めアレルギー用に、刺激を与えない成分で作られた白髪染めなども発売されるようになっていますが、敏感肌の人は角質の水分を保持する能力が低下してしまい、刺激に弱くなり急に白髪染めに拒絶反応を起こしてしまうことがあると言われています。

 

福岡県の大野城市に住んでいる私の大学時代の友人の大村みどりさん(仮名)も白髪染めによる皮膚アレルギー反応を起こしやすい体質に急に変化してしまいました。大村みどりさん(仮名)は、若白髪に悩んでいて大学生のころから結構白髪が目立っていましたが、30代になるとさらに白髪が増えてきたのでビゲンヘアカラーで白髪を染めていたのです。

 

ビゲンヘアカラーは、化学薬品を使用した白髪染めなので、髪の痛みに悩んでいましたがアレルギー反応などの問題はなかったそうです。しかし、白髪染めを始めて5年目ぐらいのある日に突然頭がかゆくなり、上半身にじんましんが出たのです。その時初めて白髪染めアレルギーを発症したそうです。

 

それ以来白髪を染めることをあきらめていたのですが、インターネットの楽天通販で利尻カラーシャンプーの存在を知り、チャレンジしました。化学薬品を使った白髪染めほどしっかりとは染まりませんが、皮膚アレルギーも出ず、髪質は逆によくなってきたので、今では利尻カラーシャンプー無しの生活は考えられないと言っていました。

 

★利尻カラーシャンプーで美しく安全に白髪染め★

関連ページ

毎日のシャンプーは利尻カラーシャンプーです
白髪染めアレルギーでお困りなら利尻カラーシャンプーをお勧めします。
30代若白髪を利尻カラーシャンプーで白髪染め
大学生のころから若白髪が目立ち始め、30代のころにはすっかり頭が白くなってしまいました。利尻カラーシャンプーで自然に白髪染めができました。
無添加の白髪染め
利尻カラーシャンプーのプラスポイント、マイナスポイント
手軽で自然な白髪染めなら利尻カラーシャンプー
ずっと白髪を染め続けるのなら毛髪を傷めない利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)
白髪染めの前には皮膚アレルギーの有無を調べる皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。
利尻カラーシャンプーとヘナ
白髪染めアレルギーがあったので、最初はヘナで染めましたが、後にもっと便利な利尻カラーシャンプーに変えました。
利尻カラーシャンプーで簡単白髪染め
ジアミン系薬剤の酸化染料による白髪染めアレルギーで悩んでいた温泉旅館の女将の話。
利尻カラーシャンプーが泡立たない時の対処法
利尻カラーシャンプーの利用者の感想として泡立ちが悪いと言うのがあります。どのように対応すればいいのでしょうか。
白髪染めアレルギーで白髪改善
若白髪が多くて悩んでいましたが、白髪染めアレルギーなので諦めていましたが、利尻カラーシャンプーのおかげで助かりました。
老人と利尻カラーシャンプー
老人でも白髪を染めておしゃれしたい人は沢山います。そんな人には手軽で簡単な利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーとリンスについて
利尻カラーシャンプーで白髪を染めた後のリンスはどうすればいいのでしょうか?