利尻カラーシャンプーが泡立たない

利尻カラーシャンプーが泡立たない原因

白髪染めにとても有効な利尻カラーシャンプ「利尻カラーシャンプーが泡立たない」 ト言った口コミをよく見かけます。何が原因なのでしょうか?

 

利尻カラーシャンプーは、髪の毛の1本1本を細かな泡が包むことで初めて香料句を発揮します。泡の作用に予り、髪の毛の表面に色が付着するタイプの白髪染めシャンプーです。 そのため、泡立たないと効力を発揮しないのです。だから「泡立たない」と白髪が上手く染まりません。

 

利尻カラーシャンプーが泡立たない原因としては、1.髪の毛が汚れている 2.しっかりと濡らしていない!3.シャンプーの量が少ない、などが考えられます。

 

利尻カラーシャンプーに限らず、どのようなタイプのシャンプーでも、髪の毛が汚れが強いと泡立ちが悪くなります。まずは、シャンプー前にしっかりとブラッシングして、髪の毛の表面の汚れを落としてください。夏などで汗をかいて特に汚れがひどかったり、整髪料などを使っている方は、普通のシャンプーで洗ってから利尻カラーシャンプーを使うのも効果的です。

 

また髪の毛の濡らし方も工夫が必要です。軽くシャワーしたくらいでは、上手くいかないことが多いようです。できればお湯をためた洗面器につけるなどして、十分に頭髪を濡らしてください。お湯の温度は熱すぎずに38℃くらい、しっかりと手でもみながら、髪の毛にお湯でぬらすようにします。シャワーからのお湯をただ浴びている程度では少なすぎるのです。

 

ここまで準備すれば泡立ちも満足のいくものになるでしょう。また、2本以上の購入でついてくる「毛もみブラシ」を使えば、さらに泡立ち効果も望めます。

 

シャンプーといえば、2度洗いも効果がありますが、この手順でシャンプーすれば、1度洗いで十分です。

 

説明書には、「シャンプーの量は500円玉分くらいにたっぷりと」と、説明書には書いてありますが、私はそこまで使わなくても十分泡立っています。もちろん髪の毛の量によってシャンプー量は変わってきます。

関連ページ

毎日のシャンプーは利尻カラーシャンプーです
白髪染めアレルギーでお困りなら利尻カラーシャンプーをお勧めします。
30代若白髪を利尻カラーシャンプーで白髪染め
大学生のころから若白髪が目立ち始め、30代のころにはすっかり頭が白くなってしまいました。利尻カラーシャンプーで自然に白髪染めができました。
無添加の白髪染め
利尻カラーシャンプーのプラスポイント、マイナスポイント
手軽で自然な白髪染めなら利尻カラーシャンプー
ずっと白髪を染め続けるのなら毛髪を傷めない利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)
白髪染めの前には皮膚アレルギーの有無を調べる皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。
利尻カラーシャンプーとヘナ
白髪染めアレルギーがあったので、最初はヘナで染めましたが、後にもっと便利な利尻カラーシャンプーに変えました。
利尻カラーシャンプーで簡単白髪染め
ジアミン系薬剤の酸化染料による白髪染めアレルギーで悩んでいた温泉旅館の女将の話。
白髪染めによる皮膚アレルギー反応
白髪染めによる皮膚アレルギー反応の心配がない利尻カラーシャンプーで美しい黒髪が復活。
白髪染めアレルギーで白髪改善
若白髪が多くて悩んでいましたが、白髪染めアレルギーなので諦めていましたが、利尻カラーシャンプーのおかげで助かりました。
老人と利尻カラーシャンプー
老人でも白髪を染めておしゃれしたい人は沢山います。そんな人には手軽で簡単な利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーとリンスについて
利尻カラーシャンプーで白髪を染めた後のリンスはどうすればいいのでしょうか?