利尻カラーシャンプー後のリンスに関して

利尻カラーシャンプーした後のリンスは、違うメーカーのものじゃだめ?

公式サイトでは、同じシリーズのリンス「利尻方―コンディショナー」を使うと色持ちがよくなると紹介されていますが、これがまた利尻カラーシャンプーを同じお値段なので、考えてしまいます。利尻カラーシャンプー後は、今までのリンスは使用できないのでしょうか?

 

まず、シリコン入りのリンスは使用できません。毛髪の表面にシリコンの被膜ができてしまうので、次に利尻カラーシャンプーを使ったときに色がのらないからです。使うのであれば、ノンシリコンタイプのものを選びましょう。では、リンスは必ず必要かと言えば普通はシャンプーだけだと、毛髪がきしむ感じなんですが、利尻カラーシャンプーは十分な美容成分が配合されているので、リンスしなくても全く問題はありません。

 

リンスの目的を考えてみましょう。洗髪によって、毛髪、頭皮の皮脂が洗い流されます。毛髪の表面はキューティクルで覆われています。頭皮から分泌された皮脂は、ゆっくりと広がって毛髪を包み込むように広がって、「保護膜」となります。これで毛髪が艶やかに見えるのです。皮脂の分泌が多いとべたつき感が強くなるし、少ないとパサついてきます。洗髪をして、髪の表面の皮脂膜がなくなると、新しい保護膜が形成されます。このときにリンスをすると、急いで保護膜を形成する必要がなくなるので、皮脂の分泌が抑えられます。そういう意味では、リンスは必要」なんですね。

関連ページ

毎日のシャンプーは利尻カラーシャンプーです
白髪染めアレルギーでお困りなら利尻カラーシャンプーをお勧めします。
30代若白髪を利尻カラーシャンプーで白髪染め
大学生のころから若白髪が目立ち始め、30代のころにはすっかり頭が白くなってしまいました。利尻カラーシャンプーで自然に白髪染めができました。
無添加の白髪染め
利尻カラーシャンプーのプラスポイント、マイナスポイント
手軽で自然な白髪染めなら利尻カラーシャンプー
ずっと白髪を染め続けるのなら毛髪を傷めない利尻カラーシャンプーがお勧めです。
利尻カラーシャンプーと皮膚アレルギー試験(パッチテスト)
白髪染めの前には皮膚アレルギーの有無を調べる皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。
利尻カラーシャンプーとヘナ
白髪染めアレルギーがあったので、最初はヘナで染めましたが、後にもっと便利な利尻カラーシャンプーに変えました。
利尻カラーシャンプーで簡単白髪染め
ジアミン系薬剤の酸化染料による白髪染めアレルギーで悩んでいた温泉旅館の女将の話。
白髪染めによる皮膚アレルギー反応
白髪染めによる皮膚アレルギー反応の心配がない利尻カラーシャンプーで美しい黒髪が復活。
利尻カラーシャンプーが泡立たない時の対処法
利尻カラーシャンプーの利用者の感想として泡立ちが悪いと言うのがあります。どのように対応すればいいのでしょうか。
白髪染めアレルギーで白髪改善
若白髪が多くて悩んでいましたが、白髪染めアレルギーなので諦めていましたが、利尻カラーシャンプーのおかげで助かりました。
老人と利尻カラーシャンプー
老人でも白髪を染めておしゃれしたい人は沢山います。そんな人には手軽で簡単な利尻カラーシャンプーがお勧めです。