毛髪の作り

毛髪はどのような成分で構成されているのか

髪は細胞としては生きていません。肌の角質が集まって作られているともいえます。足のかかとや爪も同様に角質で作られています。角質は他の細胞よりも硬いので外的刺激から内部を守ってくれる働きを果たします。ようするに毛髪は大切な頭部を守ることがその存在理由なのです。

 

生命力がない細胞なので、すでに表面に生えている髪に成長能力はありませんが、その代わり毛根から次々に新たな毛髪が押し出されてきます。また、「死んだ細胞」というと聞こえが悪いかもしれませんが、死んでいるおかげで外部からの刺激に対しても痛みを感じる事がないので好都合なのです。

 

たしかに毛髪に神経が存在していたら、少しの刺激でも違和感を覚えますし、髪の毛を切るために、いちいち麻酔をする必要が出てきます。

 

では、なぜ髪が伸びるといった現象が起きるのでしょう?それについては髪の成分を知ることで理解できます。髪の成分はケラチンというタンパク質が99%を占めています。18種類のアミノ酸が結合したものがケラチンです。

 

毛根にある細胞がケラチンを血液から取り込んでいるのです。そしてケラチンを蓄えた毛根の細胞が分裂成長し、押し出されて頭皮上に伸び出してくるのです。伸び出してきた段階で細胞には生命力がない状態なのですが、これが毛髪となるのです。

 

またケラチンに必要とされるメチオニンという物質は体内で製造することができない必須アミノ酸であるため、食品から取り込む必要があります。大豆、しらす干し、マグロ、卵などにメチオニンが含まれていますので、白髪を少なくして健全な髪の成長を促すのなら、メチオニンを含む食品をバランスよく摂ることを心がけましょう。

 

★利尻カラーシャンプーで白髪染め★

関連ページ

発毛のサイクル
毛髪が生え変わるサイクル
老化現象と白髪
白髪の大きな要因の老化現象について
白髪の伸び方
気になる白髪はどのようにして伸びてくるのでしょうか。
白髪が生える生える場所
人によって白髪が多くなる場所が違います。この違いは体質や体調などの影響もあるようです。
白髪の毛質
白髪と黒髪の毛質には違いがあります。