発毛の周期

白髪はどの世にして生えてくるのか

白髪は無色の毛髪です。白髪と言う呼び名をしていますが、実際には白色ではなく、無色透明の髪の毛なのです。見た目が白いのは光の反射によるものなのです。そして毛髪の本来の状態は無色透明で、つまり白髪なのです。毛髪の色味は、髪の成長と共に、メラノサイトと呼ばれる色素細胞で作られるメラニン色素によって髪に色がついているのです。

 

日本人の平均の髪の本数は10万本といわれています。これらは発毛サイクルによって次々と生えかわっており、その発毛サイクルは成長期(3〜6年)、退行期(1ヶ月)、休止期(3〜4ヶ月)を繰り返しています。

 

成長期では毛球の中にある毛母細胞が分裂し毛髪が作られます。メラニン色素は、その成長過程で取り込まれていきます。メラニン色素には黒褐色系のユーメラニンと黄赤色系のフェオメラニンの2タイプが存在し、人種、個人によって髪の色に違いが生じるのは、この割合の差異によるものです。その後、髪は成長が止まり毛球が縮小して毛母細胞の分裂が少なくなってきます。これを退行期と呼びます。

 

さらに休止期へと移行し、洗髪した時やブラッシングの際にみられる抜け毛の自然な脱毛はこの休止期のサイクルの頃です。1日の抜け毛の本数が100本以内であれば自然な現象です。そしてこの休止期を経て新たな毛髪が作られ発毛が繰り返されるのです。

 

この一連の流れの中で、何らかの原因により色素細胞(メラノサイト)でメラニン色素が作られなくなると髪が無色透明のまま頭皮上に生えてきて、これがいわゆる白髪となって成長するのです。色素細胞(メラノサイト)に異変が生じる過程は新しい研究で次第に解明はされてきましたが、残念ながら白髪をなくす方法までは分かっていません。

 

★無添加の白髪染め★

関連ページ

毛髪の成分
毛髪を構成する成分とは
老化現象と白髪
白髪の大きな要因の老化現象について
白髪の伸び方
気になる白髪はどのようにして伸びてくるのでしょうか。
白髪が生える生える場所
人によって白髪が多くなる場所が違います。この違いは体質や体調などの影響もあるようです。
白髪の毛質
白髪と黒髪の毛質には違いがあります。