白髪と老化現象の関係

女性ホルモンが減少すると白髪が増える

白髪は女性ホルモンの減少によって増えるといわれています。女性ホルモンには毛髪や肌を美しくする効力があり、白髪とも密接な関係があります。

 

本来、男女問わず、人間には男性ホルモンと女性ホルモンの両方を保有しています。その割合は男性のでは男性ホルモン7に対して女性ホルモン1、女性の場合は男性ホルモン1に対して女性ホルモン2となっています。これらのホルモンは年を重ねるごとに次第に減少していきます。つまり、ホルモン量の減少は老化現象のバロメーターともいえます。いくら頑張って若づくりをしても、体の中では刻々と老化が進行しているのです。

 

男性のホルモンの割合を見ると、女性ホルモンの量は女性に比べると少なく、毛髪に関係する女性ホルモンが少ないため女性に比べて、元々白髪になりやすい傾向があります。そのために頭髪全体が白髪になる方も多くなります。逆に女性は年をとっても黒髪が残る割合も多いので頭髪全体が白髪になる可能性は男性に比べると低くなります。白髪の多さは男女差も関係しているものなのです。

 

しかし、女性はある時期を境に急速に女性ホルモンが減少してしまいます。それは更年期です。女性はもともと男性ホルモンの2倍の女性ホルモンを持っているのですが、更年期にさしかかるとその女性ホルモンが急激に少なくなってくるのです。

 

更年期とは閉経の5年前後の期間で、この期間に女性も白髪の量が急に増えだしてきます。閉経は女性なら誰もが迎える現実です。人間の老化現象として、こればかりは避けては通れない道です。しかし、減少してしまった女性ホルモンはあとから補充する事も可能なので、あまり深刻に考え過ぎないようにしましょう。

 

★アレルギーの心配がない白髪染め★

関連ページ

毛髪の成分
毛髪を構成する成分とは
発毛のサイクル
毛髪が生え変わるサイクル
白髪の伸び方
気になる白髪はどのようにして伸びてくるのでしょうか。
白髪が生える生える場所
人によって白髪が多くなる場所が違います。この違いは体質や体調などの影響もあるようです。
白髪の毛質
白髪と黒髪の毛質には違いがあります。