白髪の伸びる仕組み

白髪が伸びてくる仕組み

大手化粧品会社の「資生堂」が2004年の学会で白髪に関する最新情報を発表しました。北里大学医学部皮膚科の勝岡教授との共同研究によると『白髪は黒髪よりも速い速度で伸びる(平均値比較)』という研究結果が得られたそうです。

 

白髪には細い毛が少なく成長が活発で伸びる速度が早く、一方の黒髪には細く成長速度の遅い毛が混ざっているので、白髪と黒髪が伸びる平均速度を比較すると白髪の速度が速くなるという研究結果になったそうです。つまり、同じ太さの髪であれば伸びる速度は同じとも言えるのでしょう。しかし白髪に細い毛が少ない理由は科学的には解明されていません。

 

日本人の毛髪は、1日に0.3〜0.4mmほど伸びるといわれています。この長さは個人差や体調などによって異なってきますが、1ヶ月で1cmほど伸びます。当然、白髪も同様に伸びてきます。

 

毛髪は成長期に伸びますが、成長期の過程、つまり毛髪が伸びている途中で白髪に変化してしまうケースも見られます。成長期の途中から徐々に白髪に変化していくのは、色素細胞(メラノサイト)が縮小されてしまうためです。この場合、次に同じ毛根から生えてくる髪も白髪となります。

 

さらに、黒髪が突然白髪に変化してしまうのは、色素細胞(メラノサイト)が突然死んでしまったか、活動を休止した可能性があります。ということは、稀に色素細胞(メラノサイト)が再び活動をはじめ、白髪が黒髪に戻る可能性も含まれている事になります。

 

ですから、白髪だからといって簡単に諦めてしまうのは早計なので、慌てて抜かずに、しばらく様子を見たほうがいいようです。

 

★利尻カラーシャンプーで美しく安全に白髪染め★

関連ページ

毛髪の成分
毛髪を構成する成分とは
発毛のサイクル
毛髪が生え変わるサイクル
老化現象と白髪
白髪の大きな要因の老化現象について
白髪が生える生える場所
人によって白髪が多くなる場所が違います。この違いは体質や体調などの影響もあるようです。
白髪の毛質
白髪と黒髪の毛質には違いがあります。