白髪の質

白髪と黒髪の毛質の違い

黒髪に混じった白髪だけが上に勢いよく立っていることが多いようです。また、白髪だけハリがあって元気なような気がするとお思いになる方もいるかもしれません。もちろん数本の白髪が多くの黒髪の中に混じればその分、白髪が目につきやすいのは当然ですが、原因はそれだけではありません。

 

実は生えはじめの白髪は黒髪よりも上に立ちやすい性質があるのです。その理由は白髪と黒髪の毛質の違いにあります。黒髪と白髪の違いはメラニン色素の有無です。つまりメラニン色素の性質や含有量によって髪質に変化が現れるのです。

 

黒髪に多く含まれているメラニン色素には親水性と言った性質があります。親水性とは水に溶けやすく、なじみやすい性質です。つまり髪にメラニン色素が多いと髪に水分を蓄える力が大きくなるのです。そのため水分を多く含んだ黒髪はしなやかさをキープできるのです。

 

逆に白髪にはメラニン色素がないので水分を蓄える力が弱く、乾燥している状態ともいえます。まがメラニン色素が少ない髪にはその分、ケラチンが多く含まれます。ケラチンは撥水性です。撥水性は水となじみにくい性質です。

 

しかもケラチンは繊維状タンパク質といって安定性がありしっかりとしたハリのある髪質をつくる働きをするのです。そのため白髪は黒髪に比べるとかたい毛質のためピンと立った状態になることが多く、また撥水性の作用で水分量も少ないためごわごわした感触になるのです。

 

もし、毛髪が硬く感じて、ごわつきが気になる場合は、髪に艶を与えたりしっとりとさせたりする効果のある整髪料やトリートメントを使うといいでしょう。水分量を調整するだけでも髪がしっとりとなじみ、少ない量でしたら白髪を目立たなくすることも可能です。

 

★利尻カラーシャンプーで白髪染め★

 

関連ページ

毛髪の成分
毛髪を構成する成分とは
発毛のサイクル
毛髪が生え変わるサイクル
老化現象と白髪
白髪の大きな要因の老化現象について
白髪の伸び方
気になる白髪はどのようにして伸びてくるのでしょうか。
白髪が生える生える場所
人によって白髪が多くなる場所が違います。この違いは体質や体調などの影響もあるようです。