白髪と毛髪の老化

アンチエイジングヘアケアについて

老化は、身体の機能が低下してくることで髪に関しても老化現象は表れてきます。そんな神の老化を食い止めるためのアンチエイジングヘアケアについて考えてみましょう。

 

髪の廊下でハッキリ分かりやすいのが白髪ですが、それ以外にも髪やせ(髪が細くなる)や毛髪・頭皮の乾燥も毛髪の老化現象です。これらは、主に加齢・紫外線・乾燥という、3大老化原因によって引き起こされます。

 

加齢による毛髪の変化としては、
・幼少期・思春期・成人期・熟年期の3段階が考えられます。幼少期は、もともと毛髪が細く、あまり成長しません。毛髪の成長期も短いため、15cm以上は伸びない、とされています。思春期から成人期になると、毛髪が太くなり、成長期の期間が長くなっていきます。毛髪の成長期が5〜6年ほどですので、1年で35cm程度伸びるとすると、2m以上伸びるということになります。次に熟年期になると、毛髪を生み出す毛胞がわずかに減少してきます。つまり、毛髪の本数が少なくなってくるのです。さらに、紫外線や乾燥、頭髪に悪影響を与えるシャンプー剤の使いすぎなどで、毛髪が細くなります。その上加齢によって新陳代謝が悪くなるので、毛髪が伸びるスピードも遅くなります。そのため、薄毛で悩む人が増えてきます。

 

また、年齢と共に色素細胞の能力が低下し、毛髪の色素が薄くなりだし、白髪となってしまいます。さらには、細胞が水分を蓄える力も衰え、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。乾いた畑で作物が育たないように、乾いた頭皮からは、健康な髪はし成長しにくくなるのです。

アンチエイジングヘアケア

髪や頭皮の老化を阻止するのは、残念ながら不可能です。しかし、老化の進行を遅くすることは十分可能です。生活を改善して、髪の老化を遅らせるようがんばりましょう。次のようなことに注意して、毎日を過ごしましょう。

 

■規則正しい生活
22:00〜翌2:00の間は、身体の機能がリセットされる時間。この間に良質な睡眠をとりましょう。また、質のよい睡眠をとるためには、適度な運動もポイントです。忙しくて運動する暇がないという方は、階段を利用する、駅1つ分を徒歩にするなど、工夫しましょう。

 

■ストレスをためこまない
ストレスが溜まると白髪が増えると言われています。身体にも良くないので、なるべくストレスをためこまないように。小さなことにとらわれず、気持ちを大きく持ちましょう。自己流のストレス解消法を持っておくと良いですね。

 

■髪と頭皮に注意する
年を重ねると、「今日は髪を洗わなくていいわ」などと、無神経になりがち。そういう気持ちが、老化を進行させます。髪に良いアミノ酸系シャンプーを選ぶ、頭皮のマッサージや顔ヨガを毎日行う、やさしくブラッシングして頭皮の血行改善するなど、常に髪と頭皮に注意を払て、清潔に保つ努力をしましょう。たまには、育毛サロンなど専門家の手で、頭皮の毛穴を綺麗にしてもらうのもいいでしょう。

 

手のかかる子供がいるお母さんは、なかなか自分の美容まで手が回りません思います。1日10分だけでも良いですから、自分だけの時間を持ってください。ていねいにブラッシングする、顔ヨガ・頭のツボ押しをするなど、髪と頭皮のケアに時間を割いてください。

 

■食事に気をつける
食事は、アンチエイジングにおいても重要な要素です。外食やコンビニ中心の食生活を見直して、なるべく自炊して、バランスの良い食事を摂るよう心がけましょう。日本人の健康のための、野菜・お米中心の食生活がおすすめです。ちなみに、摂りすぎると髪に良くないものは、下記のようなものです。食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう。
・チョコレート、ケーキ、アイスクリームなど飽和脂肪酸を含む嗜好品
・ソーダ水などの炭酸水飲料、コーヒー、抹茶
・刺激が強いカレー、からし、わさび、大根おろしなど

関連ページ

体質改善で白髪を予防する
白髪が生えやすい体質を改善しましょう。
生活習慣と白髪
生活習慣を改善することで白髪の予防・改善も可能です。
食生活の改善で白髪を予防
食生活を改善することで白髪の予防・改善ができます。
白髪予防のためにリラックス
ストレスは白髪の大きな原因の一つです。白髪予防のためにリラックス効果とは。
白髪予防・改善サプリメント
気になる白髪を予防・改善するためのサプリメント