白髪対策のヘアケア

白髪のヘアケア記事一覧

白髪染めでヘアケア

白髪染めの効果は文字通り白髪をきれいに染めるものです。白髪用と黒髪用びヘアカラーがありますが、白髪が目立つ場合は白髪用を使って染める方が仕上がりがきれいです。白髪染めは1剤と2剤に分かれており、1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)を混合して発生する化学反応によって髪を染めます。キューティクル...

≫続きを読む

おしゃれ染めでヘアケア

ヘアカラーにはおしゃれ染めと白髪染めがあって、黒髪用のヘアカラーにはおしゃれ染めを使用します。例えば髪を明るい茶色に染めたいという場合はおしゃれ染めで染めるのです。おしゃれ染めと白髪染めでは髪を染める作用は同様なのですが、染毛力に差があります。そのため、白髪をおしゃれ染めで染めた場合は髪が色ムラにな...

≫続きを読む

白髪ぼかしで白髪対策

加齢によって白髪の量が多くなった場合は白髪ぼかしが自然でいいかもしれません。高齢者の場合は白髪が多いからと言っていきなりすべてを真っ黒に染めてしまうと、いかにも不自然です。シワシワの顔に真っ黒の髪だとさすがにアンバランスで不自然に見えます。そんな時は真っ黒にしない程度のグレーに染めることで、ある程度...

≫続きを読む

白髪のためのヘアスタイル

ヘアスタイルによって白髪を目立たなくする、白髪をおしゃれに見せるヘアスタイル。正反対のの発想ですがどちらも白髪を受け入れることで成立する方法です。ヘアスタイルによって白髪を目立たなくする方法は、例えば白髪が際立っている部分のわけ目を変えたり、毎日のトリートメントを欠かさず行って艶やかな髪を維持したり...

≫続きを読む

男性用白髪染めと女性用白髪染め

白髪染めを調べるとドラッグストア奈との店舗やインターネットの通販では、男性用白髪染めと女性用白髪染めがわかれていますが何か性能的な差はあるのでしょうか?結論から言うと男性用白髪染めと女性用白髪染めの差はありません。白髪を染める効能は男性用も女性用も特に違いがあるわけではなく、含まれている成分も基本的...

≫続きを読む

トリートメントタイプの白髪染めのポイント

気になる白髪を部分染めしたり美容院で染めてもらう人も多いと思いますが、白髪が生えてくるたびに毎回染めるのはかなりの手間とお金が必要になってきます。そのため、シャンプーの時にトリートメントとして手軽にできる白髪染めが便利で簡単そうに感じますが「本当にムラなく染まるの?」「自分で染めると髪が傷んでしまう...

≫続きを読む