白髪を染めてヘアケアする

白髪染めでヘアケアして若返る

白髪染めの効果は文字通り白髪をきれいに染めるものです。白髪用と黒髪用びヘアカラーがありますが、白髪が目立つ場合は白髪用を使って染める方が仕上がりがきれいです。

 

白髪染めは1剤と2剤に分かれており、1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)を混合して発生する化学反応によって髪を染めます。キューティクルが開く→脱色→発色した染料が浸透する→キューティクルが閉じることで白髪を美しく染めるのです。

 

化学薬品が成分に含まれているので、毛髪や頭皮への多少のダメージがありますが髪の内部に染料を浸透させるのでしっかりと色がつくのが特徴です。また明るめの色合いから暗めの色合いまでいろいろな色に染める事ができ、白髪以外の黒髪も同じトーンで染め上げてくれるので、髪全体がが自然な色合いになります。

 

白髪染めは自宅でで一人でできるものが数多くあるので、自分のお好みの製品を探すといいでしょう。例えば1剤と2剤を混ぜる手間がない泡タイプのものは直接髪につけて染めることができます。クリームタイプでも1剤と2剤が同時に出て、混ぜ合わせる手間なない製品もあります。

 

開封した白髪染めの保存期間は3ヶ月程度ですが、1剤と2剤を混合した場合は時間が経つと染毛力が失われるので、白髪染めの効力は無くなってしまいます。また空気に触れると効力が失われるのでボトルタイプは残っていても無駄になってしまいます。チューブタイプは保存可能です。

 

ワンプッシュタイプといわれる泡で染める白髪染めは期間内であれば保存可能です。このようにいろいろなタイプの白髪染めがあるので商品の説明書はしっかりチェックしてください。

 

★利尻カラーシャンプーで美しく安全に白髪染め★

関連ページ

おしゃれ染めでヘアケア
ヘアケアのためのおしゃれ染めは黒髪用のヘアカラーです。
白髪ぼかしで白髪対策
白髪を適度に染める手法が白髪ぼかしです。
白髪のためのヘアスタイル
ヘアスタイルを工夫して上手に白髪と付き合っていく
男性用白髪染めと女性用白髪染め
男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いについて
トリートメントタイプの白髪染めのポイント
毎日のシャンプーのついでにできるトリートメントタイプの白髪染めを使ってみたいと思っている人も多いでしょう。では、失敗しないトリートメントタイプの白髪染めの選び方とはなんでしょうか?