おしゃれ染めで白髪対策

黒髪を染めるのならおしゃれ染め

ヘアカラーにはおしゃれ染めと白髪染めがあって、黒髪用のヘアカラーにはおしゃれ染めを使用します。例えば髪を明るい茶色に染めたいという場合はおしゃれ染めで染めるのです。

 

おしゃれ染めと白髪染めでは髪を染める作用は同様なのですが、染毛力に差があります。そのため、白髪をおしゃれ染めで染めた場合は髪が色ムラになったり、期待した色に染まらない場合があります。

 

カラーによってはほとんど色が付かずに透き通ったようなオレンジ色に髪がなってしまうこともあります。これはおしゃれ染めには茶色の色素を使用していなくて、オレンジや黄色味などの色素が黒髪の色と融合して茶色になる為です。そのため白髪に使用するとオレンジ色で髪を染めることになり、白髪染の効果がないわけです。

 

しかし、だからといって初めて白髪染めにチャレンジするのは勇気がいるものです。美容院でも白髪染めを頼むのは躊躇するものです。しかし白髪があまり多くないのなら、おしゃれ染めでも白髪を目立たなくする染め方もあります。

 

もともとヘアカラーは元の黒髪を脱色して明るい茶色にした状態で希望の色に染める作用が働くので、暗いトーンの色に染める場合はおしゃれ染めでも白髪をきれいに染めることができます。

 

しかし、美容院で染める場合は、その道のプロである美容師さんに白髪について相談するべきでしょう。髪の状態に合わせて白髪がきれいに染まるように薬剤の調合をしてくれます。以前は白髪染めと言えば暗めの色しかなく、白髪染めではないヘアカラーがおしゃれ染めと呼ばれるようになりました。しかし、最近の白髪染めは明るい色に染める事も出来るようになりました。そもそもどちらも同じ作用で髪を染めるので、白髪の方は白髪染め用、黒髪の方はおしゃれ染め用を使用するのがベストなチョイスだと言えます。

 

★美しく安全に白髪染め★

関連ページ

白髪染めでヘアケア
気になる白髪を白髪染めでヘアケアする
白髪ぼかしで白髪対策
白髪を適度に染める手法が白髪ぼかしです。
白髪のためのヘアスタイル
ヘアスタイルを工夫して上手に白髪と付き合っていく
男性用白髪染めと女性用白髪染め
男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いについて
トリートメントタイプの白髪染めのポイント
毎日のシャンプーのついでにできるトリートメントタイプの白髪染めを使ってみたいと思っている人も多いでしょう。では、失敗しないトリートメントタイプの白髪染めの選び方とはなんでしょうか?