トリートメントタイプの白髪染めの情報

自分で白髪染めをしたけど失敗してしまった例

気になる白髪を部分染めしたり美容院で染めてもらう人も多いと思いますが、白髪が生えてくるたびに毎回染めるのはかなりの手間とお金が必要になってきます。そのため、シャンプーの時にトリートメントとして手軽にできる白髪染めが便利で簡単そうに感じますが「本当にムラなく染まるの?」「自分で染めると髪が傷んでしまう気がする...」このような心配をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、自宅でキレイに白髪を染められるトリートメントタイプのポイントとはどのようなものなのでしょう。

 

しっかり染まりきっていない部分がある!
白髪染め後に鏡で確認してみると、頭髪に色が十分に入っていない個所やまったく染まっていない部分があった。十分な時間をかけてトリートメントをしたにもかかわらず、しっかりと染まっていない場合は、白髪染めの品質自体に問題があるケースがほとんどです。

 

髪が傷んでしまいギシギシする。
白髪は染まっても、洗い流したあとに髪の毛がギシギシしてしまう場合があります。これは、うるおい成分やダメージ補修をする成分が少ないため毛髪にトラブルが発生しているのです。

 

染めた色が簡単に落ちてしまった!
綺麗に髪が染まったと思ったら、髪を2〜3回洗ったら色が落ちてしまった。これは、使用した白髪染めが十分に毛髪に浸透していないために、色が定着していないことが原因です。市販のトリートメントタイプの多くは、色が落ちやすい傾向があります。

 

以上のように、トリートメントタイプ白髪染めのを利用したけれど失敗してしまったという方がいらっしゃいます。実は、白髪をキレイに染めることができるトリートメントには重要なポイントがあります。しかし、多くの方はそのような知識がなく白髪染めトリートメントを購入してしまうため、不満が残る結果になるのです。

白髪をキレイに染めることができるトリートメントを選ぶには

・髪へしっかり浸透(色ムラなく染まる)
・ダメージケア(ギシギシ対策)
・色が落ちにくい(色の保持)

以上の3つのポイントが大切です。優秀な白髪染めトリートメントを選ぶときの重要な基準となるので、かならず確認しましょう。

 

白髪染めの成分が十分にと浸透して色ムラができない
白髪染めの成分が十分に毛髪に浸透しなければ、染まっている部分と染まっていない部分がマダラになってしまいます。成分が十分に毛髪に吸着するヘアトリートメントを使用することが、美しい仕上がりの重要なポイントになります。

 

ダメージをケアのための髪を補修する成分が充実している
せっかく白髪染めをしても、髪の毛が傷んでパサパサになってしまっては意味がありません。白髪を染めるだけではなく、髪の毛のダメージを補修する成分のチェックも忘れずに。

 

色が落ちにくく、長持ちする
わずか数日で染めた色が落ちてしまう粗悪な白髪染めトリートメントもあります。染めた色がすぐに落ちてしまっては、お金と時間が無駄になってしまいます。かならず、髪の色が長持ちする質の高いトリートメントを選んでください。

 

これらのポイントをチェックして白髪染めトリートメントを選べば、理想の染め上がりになるでしょう。

関連ページ

白髪染めでヘアケア
気になる白髪を白髪染めでヘアケアする
おしゃれ染めでヘアケア
ヘアケアのためのおしゃれ染めは黒髪用のヘアカラーです。
白髪ぼかしで白髪対策
白髪を適度に染める手法が白髪ぼかしです。
白髪のためのヘアスタイル
ヘアスタイルを工夫して上手に白髪と付き合っていく
男性用白髪染めと女性用白髪染め
男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いについて